TOP

子犬の散歩デビューと社会化にともなっての本格的な散歩のタイミングについて

本格的な散歩は第2社会化期から
   このエントリーをはてなブックマークに追加

本格的な散歩は第2社会化期から

 

他の犬と路上で戯れる成長期の子犬

 

 

子犬は生後1年ほどで大人になると言われています。大人といってもまだまだやんちゃで、元気一杯!イタズラ盛りです。でも、犬の1歳は、人間の18歳〜20歳くらいに相当すると言われています。そう考えると、大目に見てばかりいられない面もあります。

 

社会化には2つのターンがあります

 

子犬の社会化には2つの大きな節目があります。

 

まずが、新しい家族に慣れ、お散歩デビューをするタイミングです。

 

この時期、子犬は毎日たくさんの事を学び、今後生活する環境に慣れるように全身で向き合っています。
でも、そこは、まだまだ「赤ちゃん」です。困ったこと、怖いことがあればすぐに飼い主の後ろに隠れたり、抱っこをせがんだりということもあるかもしれません。

 

その次は、生後半年を過ぎた頃です。

 

実は、犬にも成長の段階で人間同様の「反抗期」というものがあります。今までトイレの場所を間違えたことがなかったはずが、ここ最近毎日失敗をする。シャンプーを嫌がらなかったはずが、急に唸り声をあげたり、噛みついてまで反抗するようになったなどの行動の変化が見えはじめます。中には、家具を壊したり、リードを壊したり、お気に入りのベッドを壊したりと物にあたる場合もあるでしょう。

 

この時期、子犬は骨格の成長がほぼ止まり、歯も抜け替わり、体力もついてきます。今までよりも昼寝の時間を少なくなり、歩調も速くなります。一生のうちで一番、血気盛んな時期になるのです。
今まで、甘えん坊だった性格が、徐々に自我が目覚め、少し、やんちゃな性格になってしまったり、反対に無駄吠えしてしまうような臆病な性格へと変貌していく時期です。

 

この生後半年を過ぎた頃が2回目の節目となります。

 

2回目の節目が大切

 

初めてのドッグランへ向かう成長期の犬

 

 

今までは、屋外の環境に慣れる事、怖がらずに歩く事、家族以外の人や犬を目にする事を目標として、運動よりも社会科見学の要素の大きかったお散歩ですが、生後半年以降は徐々に方向性を変え、運動、社会化の要素をスタートするにふさわしいタイミングです。

 

この時期は、今までよりもマーキングの回数が増えたり、他の犬への興味も強まります。中には自ら相手を威嚇するような態度に出る場合もあるでしょう。

 

何かと気が重くなりがちでしょうが、この時期、人や犬、社会と積極的に交流を持たせる事を意識しましょう。反抗期だから、手がかかるようになったからこそ、社会へ出し、正しい挨拶の仕方、交流の仕方、遊び方を覚えさせるのです。

 

また行動範囲を大きく広げるタイミングでもあります。毎日同じ散歩ルート、同じ顔触れとの交流だけでなく、ドッグランへの積極的に足を運んでみましょう。

 

かわいいデザインの人気小型犬用リード!

 

しつけに使える安くて丈夫なハーフチョーク

 

 

 

リードはどんなポイントを考えて選ぶべき?丈夫?伸縮性?持ちやすさ?やっぱり見た目も大事!などなど飼い主さんの気になるリード選びのポイントと人気ブランドのおしゃれでかわいいリードをご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

しつけにも扱いやすいハーフチョーク!

 

しつけに使える安くて丈夫なハーフチョーク

 

 

 

最近テレビなどでも取り上げられるようになって話題のハーフチョーク(首輪)!着脱が手軽でカンタン!頭部からくぐらせるだけ!元気盛りの子犬にも楽々付けられてしつけができる♪

 

 

 

 

 

 

 

 

音に反応する子犬のチワワ
犬を飼う上でのお悩みで一番多いものは、「無駄吠え」です。屋外から聞こえてくる他の犬の声に反応し吠えてしまう場合、子供の甲高い声に反応する場合... 続きを読む≫
他の犬と喧嘩をする子犬
子犬のはじめてのお散歩デビューでは、初見の他の犬や人間に対し、敵意を感じてしまったり、警戒するあまり吠えてしまったりと、不慣れな出来事が多々... 続きを読む≫
リーダーウォークをして歩く犬
リーダーウォークができていないとこんなにも危険!?路上で起こりうるトラブルや事故。リーダーウォークができる成犬になるために子犬のときからしつ... 続きを読む≫
「待て」をして飼い主を見つめる子犬
「お座り」「待て」は単なるパフォーマンスではなく、きちんと散歩の最中にも役立ちます。どんなときに「お座り」「待て」は役に立つ?しつけの方法は... 続きを読む≫
緑のきれいな歩道を子犬と散歩している風景
子犬をはじめての散歩に連れ出す際、目安の時間や距離はどれぐらいが理想的なのでしょうか?また、坂道の散歩や砂利道など舗装状況の悪い道路は子犬の... 続きを読む≫
道端のものを拾い食いする犬
子犬を散歩に連れ出す際、無駄吠えや噛みつき、路上への飛び出しなど、さまざまなトラブルを想定しなければなりませんが、最も注意しなければならない... 続きを読む≫
植物を見つめる子犬
愛犬との散歩のルートにしている公園や道端は大丈夫?実は危険がいっぱい!子犬が誤飲すると危険な植物!庭先や家庭菜園にも意外な危険植物が…!? 続きを読む≫
他の犬とケンカする成長期の子犬
子犬の散歩から大人のワンちゃんの散歩へ。本格的な散歩をはじめるタイミングはどんなときから?犬の社会化と2つのターンについて。 続きを読む≫
周囲の様子を見ながら散歩する子犬
子犬を散歩デビューさせる際、最低限見に付けさせておきたい一般道のお散歩マナーや、気をつけたい安全上のこと。しつけの重要性などについて考察して... 続きを読む≫
散歩に行きたそうにこっちを見つめる子犬
子犬が散歩にいきたいとアピールすることはなぜ良くない?子犬に散歩が飼い主さんのタイミングだということをしつける方法は? 続きを読む≫
外でウンチする子犬
犬は犬種にもよりますが、基本的に外で排泄(うんち)をしたがります。中には、室内では、ガマンをして外に出たタイミングでうんちをするワンちゃんも... 続きを読む≫