TOP

子犬が散歩で拾い食いや食糞をしてしまうのはなぜ?しつけで直す方法とは?

子犬の拾い食いの原因は?しつけで拾い食いは直せる?
   このエントリーをはてなブックマークに追加

子犬の拾い食いの原因は?しつけで拾い食いは直せる?

 

道端のものを拾い食いする犬

 

 

子犬を散歩に連れ出す際、無駄吠えや噛みつき、路上への飛び出しなど、さまざまなトラブルを想定しなければなりませんが、最も注意しなければならない点は、拾い食いをさせないということです。

 

私たち人間の赤ちゃんが見知らぬ室内の小さなものを、口に含んで飲み込んでしまうのと同様、犬も、路上に落ちている物品や植物を、食べ物のように飲み込んでしまう習性があります。これは、犬の狩猟本能といって、DNAが受け継ぐ、犬の本能的な行動でもあります。

 

子犬の散歩で考えられる拾い食いトラブルは?

 

・道端の石を飲み込んでしまった
・タバコの破片を誤飲してしまった
・動物のうんちを食べてしまった
・人が飲む飲料のフタを飲み込んでしまった
・毒性のある植物を口にしてしまった

 

このように、子犬は目につく落下物のうち、口に入るサイズのものを、本能と好奇心から、すべて飲み込んでしまうような習性があります。

 

特にそれが命にかかわるような重大な事故に繋がるような拾い食いである場合には、事は深刻です。

 

拾い食いをさせないためには?

 

あどけない表情の室内で生活する子犬

 

 

子犬に拾い食いをさせないためには、落下物を飲んでは絶対にダメだということを何度も何度も反復練習することによって訓練すること。

 

これには、しつけが必要になります。

 

しつける方法としては、愛犬が落下物を咥えようとした「瞬間」に叱るということ。
紙切れや、ティッシュなど、万が一ミスがあっても体調に危険を及ぼさない安全な物品を使って、愛犬が口に含んだ瞬間に物品を口から引き離し、叱るという行為を繰り返し行います。

 

ポイントは、咥えた瞬間に行うことです。
口に含んで飲み込もうとした瞬間では間に合わないかもしれません。

 

また、何が叱られているのかというタイミングを教え込むことも要素として含まれています。飲むこと以前に、咥えて口に含む行為自体を叱られているという認識を植えつけることに重要性があります。

 

拾い食いの危険は、室内でも同じ?

 

拾い食いは、屋外と同様に室内でも同じことが言えます。
ケーブルや線をかじって壊してしまったり、小さなネジのようなものを飲み込んでしまっては手術が必要な重大な事故にも繋がりかねません。

 

愛犬の大切な命を守るという意味でも、拾い食いの癖は幼犬のうちにしつけて無くすよう努力しましょう。

 

他の犬のうんちを食べてしまう癖

 

純粋無垢な子犬は、外を散歩している際、本能的に道端に落ちている動物のうんちを食べてしまう習性を備えもっています。

 

これは、小動物ではウサギやハムスター、大きな動物ではゾウやパンダ、コアラなども備え持つ自然界の動物の本能でもあり、ひとつの習性です。

 

もちろん食糞行為は、健康衛生上、よくありません。

 

動物のうんちの中には、犬の体に害をおよぼす有害な微生物やバクテリアが含まれている可能性があるばかりか、犬の不快な口臭の原因にもつながりかねません。

 

この食糞という行為も、拾い食いのしつけ同様、咥えようとした瞬間に、NG行為であることを何度も何度も叱る行為によって、教育する必要があります。

 

ポイントは飲み込んでから叱るのではなく、口に咥えようとした瞬間です。

 

口に含もうとした瞬間には叱る→吐き出したら笑顔で褒め称える、などして、メリハリを持つことで、善悪の判断を子犬に植えつけていきましょう。

 

 

関連コラム:
・犬のマズルコントロールとは?〔犬のしつけ方法・上手に覚えさせるコツ〕
・1歳〜、シニア犬(高齢犬)の食事の分量や回数はどのぐらい?おやつは?

 

音に反応する子犬のチワワ
犬を飼う上でのお悩みで一番多いものは、「無駄吠え」です。屋外から聞こえてくる他の犬の声に反応し吠えてしまう場合、子供の甲高い声に反応する場合... 続きを読む≫
他の犬と喧嘩をする子犬
子犬のはじめてのお散歩デビューでは、初見の他の犬や人間に対し、敵意を感じてしまったり、警戒するあまり吠えてしまったりと、不慣れな出来事が多々... 続きを読む≫
リーダーウォークをして歩く犬
リーダーウォークができていないとこんなにも危険!?路上で起こりうるトラブルや事故。リーダーウォークができる成犬になるために子犬のときからしつ... 続きを読む≫
「待て」をして飼い主を見つめる子犬
「お座り」「待て」は単なるパフォーマンスではなく、きちんと散歩の最中にも役立ちます。どんなときに「お座り」「待て」は役に立つ?しつけの方法は... 続きを読む≫
緑のきれいな歩道を子犬と散歩している風景
子犬をはじめての散歩に連れ出す際、目安の時間や距離はどれぐらいが理想的なのでしょうか?また、坂道の散歩や砂利道など舗装状況の悪い道路は子犬の... 続きを読む≫
道端のものを拾い食いする犬
子犬を散歩に連れ出す際、無駄吠えや噛みつき、路上への飛び出しなど、さまざまなトラブルを想定しなければなりませんが、最も注意しなければならない... 続きを読む≫
植物を見つめる子犬
愛犬との散歩のルートにしている公園や道端は大丈夫?実は危険がいっぱい!子犬が誤飲すると危険な植物!庭先や家庭菜園にも意外な危険植物が…!? 続きを読む≫
他の犬とケンカする成長期の子犬
子犬の散歩から大人のワンちゃんの散歩へ。本格的な散歩をはじめるタイミングはどんなときから?犬の社会化と2つのターンについて。 続きを読む≫
周囲の様子を見ながら散歩する子犬
子犬を散歩デビューさせる際、最低限見に付けさせておきたい一般道のお散歩マナーや、気をつけたい安全上のこと。しつけの重要性などについて考察して... 続きを読む≫
散歩に行きたそうにこっちを見つめる子犬
子犬が散歩にいきたいとアピールすることはなぜ良くない?子犬に散歩が飼い主さんのタイミングだということをしつける方法は? 続きを読む≫
外でウンチする子犬
犬は犬種にもよりますが、基本的に外で排泄(うんち)をしたがります。中には、室内では、ガマンをして外に出たタイミングでうんちをするワンちゃんも... 続きを読む≫