TOP

リーダーウォークの大切さとしつけのやり方、トレーニング方法について

リーダーウォークのしつけ方は?
   このエントリーをはてなブックマークに追加

リーダーウォークのしつけとは?

 

リーダーウォークをして歩く犬

 

 

まだまだしつけが行き届いていない子犬というものは外に連れ出すと、無邪気そのもの。
外へ外出した瞬間から、飼い主さんの前を前後左右に自由奔放走り回ったり、路上に飛び出そうとしたり、目が離せない行動を取り続けます。

 

この天真爛漫な子犬の行動を温かい目で見守りながらも、最低限確認しておくべき大切なことはリードがどんな状態になっているか?いわゆるリードウォークです。

 

小さな子犬のうちであれば、引っ張る力もさほど強いものではないので、リードがピンと張り詰めていても、さほど負担を感じないかもしれません。しかし、リードがピンと張り詰めている状態を正しいと思い込んだまま、大人になってしまうと厄介です。

 

成犬が突発的に引っ張る力は、場合によっては人間の大人でさえも転んでしまうほどに強く、これが事故やトラブルの引き金になってしまうことも考えられます。

 

リードは「軽くたるみがある程度」が適切な状態だと言うことをオーナーさんだけでなくワンちゃんにもしっかりと身に付け、安全な散歩ができる成犬へ育てましょう。

 

リードは短く持って

 

 

 

リーダーウォークをしている風景動画です。リードは短く持っているのが分かりますね♪

 

まずは、散歩の時の正しい立ち位置を覚えましょう。
室内で練習をすると、犬も集中しやすく、スムーズにトレーニングが進みます。

 

@,飼い主が立ち上がった状態で、犬を自分の足元にお座りさせます。

散歩の時を想定し、歩く時と同じ向きで座らせます

 

A,リードが軽くたるむ程度の長さになるよう、余分な部分を手のひらに巻き付け、長さを調整します。

 

B,Aの状態で手のひらを自分のお臍のあたりに置き、歩く練習をします

 

この状態で歩行した場合、そもそものリードが短いのですから、飼い主が手のひらの位置を変えない限り、犬は飼い主の前を歩く事ができません。

 

ただし、やんちゃ盛りの子犬なため、それでも、より自由に歩こうとして、もがくような動作をすることもあります。そこで子犬のアピールに負けて、手のひらの位置をずらしたり、リードを長くしてしまっては、子犬のわがままが通用すると思わせてしまうことになり、しつけになりません。

 

まずは、この状態で室内を歩きまわり、「歩く」という事の正しい位置関係を理解させます。
歩くときには、常にリーダーである飼い主が一歩前に出ているという事を物理的に体験させ覚えさせましょう。

 

使い分けがポイント!

 

公園を自由に歩く子犬

 

 

子犬と散歩をするうえで、「歩き方」も使い分けが大切です。
道幅の狭い場所、交通量の多い場所、子供や通行人の多い場所、興奮している犬とすれ違う時などにはこの様に飼い主が一歩前を行くリーダーウォークが必須となります。

 

ただし、広い公園や早朝などの安全面がクリアになった状況であれば、リードを長く持ち、多少の行動の自由を持たせてあげるのも大切なことです。
リードは犬と安全に散歩をする上に必需品です。その場面に応じた適切な使い分けをしましょう。

 

子犬の社会化・交流できる場を探そう!

 

ドッグラン情報サイトの「犬プレ」

 

 

たまには、リード無しで思いっきり元気いっぱい走り回ることのできるドッグランへ!全国の犬と遊べる公園・ドッグラン情報が索引できるサイト"犬プレ!"

 

 

 

 

 

かわいいデザインの人気小型犬用リード!

 

犬のリード

 

 

 

リードはどんなポイントを考えて選ぶべき?丈夫?伸縮性?持ちやすさ?やっぱり見た目も大事!などなど飼い主さんの気になるリード選びのポイントと人気ブランドのおしゃれでかわいいリードをご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

しつけにも扱いやすいハーフチョーク!

 

しつけに使える安くて丈夫なハーフチョーク

 

 

 

最近テレビなどでも取り上げられるようになって話題のハーフチョーク(首輪)!着脱が手軽でカンタン!頭部からくぐらせるだけ!元気盛りの子犬にも楽々付けられてしつけができる♪

 

 

 

 

 

 

 

 

音に反応する子犬のチワワ
犬を飼う上でのお悩みで一番多いものは、「無駄吠え」です。屋外から聞こえてくる他の犬の声に反応し吠えてしまう場合、子供の甲高い声に反応する場合... 続きを読む≫
他の犬と喧嘩をする子犬
子犬のはじめてのお散歩デビューでは、初見の他の犬や人間に対し、敵意を感じてしまったり、警戒するあまり吠えてしまったりと、不慣れな出来事が多々... 続きを読む≫
リーダーウォークをして歩く犬
リーダーウォークができていないとこんなにも危険!?路上で起こりうるトラブルや事故。リーダーウォークができる成犬になるために子犬のときからしつ... 続きを読む≫
「待て」をして飼い主を見つめる子犬
「お座り」「待て」は単なるパフォーマンスではなく、きちんと散歩の最中にも役立ちます。どんなときに「お座り」「待て」は役に立つ?しつけの方法は... 続きを読む≫
緑のきれいな歩道を子犬と散歩している風景
子犬をはじめての散歩に連れ出す際、目安の時間や距離はどれぐらいが理想的なのでしょうか?また、坂道の散歩や砂利道など舗装状況の悪い道路は子犬の... 続きを読む≫
道端のものを拾い食いする犬
子犬を散歩に連れ出す際、無駄吠えや噛みつき、路上への飛び出しなど、さまざまなトラブルを想定しなければなりませんが、最も注意しなければならない... 続きを読む≫
植物を見つめる子犬
愛犬との散歩のルートにしている公園や道端は大丈夫?実は危険がいっぱい!子犬が誤飲すると危険な植物!庭先や家庭菜園にも意外な危険植物が…!? 続きを読む≫
他の犬とケンカする成長期の子犬
子犬の散歩から大人のワンちゃんの散歩へ。本格的な散歩をはじめるタイミングはどんなときから?犬の社会化と2つのターンについて。 続きを読む≫
周囲の様子を見ながら散歩する子犬
子犬を散歩デビューさせる際、最低限見に付けさせておきたい一般道のお散歩マナーや、気をつけたい安全上のこと。しつけの重要性などについて考察して... 続きを読む≫
散歩に行きたそうにこっちを見つめる子犬
子犬が散歩にいきたいとアピールすることはなぜ良くない?子犬に散歩が飼い主さんのタイミングだということをしつける方法は? 続きを読む≫
外でウンチする子犬
犬は犬種にもよりますが、基本的に外で排泄(うんち)をしたがります。中には、室内では、ガマンをして外に出たタイミングでうんちをするワンちゃんも... 続きを読む≫