TOP

散歩をせがむ犬にさせないために主従関係をしつける大切さ

散歩をせがむ成犬にならないために子犬からしつけよう!
   このエントリーをはてなブックマークに追加

散歩をせがむ成犬にならないために子犬からしつけよう!

 

散歩に行きたそうにこっちを見つめる子犬

 

 

外の日差しを浴びたり、四季折々の心地よい風を感じることのできる散歩は、好奇心旺盛な子犬にとって、慣れるに従って、だんだんと日々の楽しみへと変わっていきます。

 

自分以外にも、他の犬が居るという存在を知り、路上には得体の知れない車という物が通り、歩行する人間が居て、声をかけてくる大人もいるということ。すべてが新鮮で、目で見たもの、鼻で嗅いだもの、耳で聞いたもの、全てが生きる糧へと変わっていく時期です。

 

そんな散歩への欲求が高まると、犬は飼い主さんに対し、「もっと散歩に連れて行って欲しい」というアピールをするようになります。

 

 

子犬が散歩にいきたいとアピールすることはなぜ良くない?

 

散歩に行けなくていじける子犬

 

 

飼い主さんが、決まった定時の散歩を続けると、犬にとってはそれが当たり前の日課だと思い込み、仮に、飼い主さんが用事があって散歩に行けない日があると、吠えて催促したり、機嫌が悪くなったりするようになります。

 

この行動がさらに悪化すると、ひどい場合、飼い主さんが腰をあげて立ち上がるだけで、(散歩に行くのかな?)と期待して、喜んで玄関へ一目散という行動を取るようになるかもしれません。

 

これは一見、きちんとルーティーンを把握していて、賢い行動のようにも思えますが、実は飼い主と犬の主従関係という観点からは、決していいことではありません。

 

理由は、子犬から成犬へと育てる過程で、”日課の散歩に出かける”という行為が犬が主導権をもってしまうためです。

 

犬が「早く連れて行け」と催促するようになるのは、主人の言うことを聞かない自分勝手な成犬へと育ててしまうためです。わがままが進行すると、次第に、散歩を催促する時間が早まっていき、飼い主さんはそれに振り回されて主従関係は成り立たない関係になってしまいます。

 

 

子犬に散歩が飼い主さんのタイミングだということをしつける

 

散歩に行くタイミングをマテで待つ子犬

 

 

たとえいつも散歩に出かける時間になって、犬から催促されても「イケナイ」と注意を与えるだけで無視するしつけを子犬のときからはじめましょう。

 

それでも吠え続けるようなら、「ダメ!」と言ったり、「マテ!」と大きな声で叱り、柔らかい布や新聞などで床を叩くなど怒りのジェスチャーを示し、愛情を持って叱ります。

 

その後、30分ほどあえて時間を空けてから散歩に出かけるなど、いじわるではなく、しつけの観点で工夫をすることで主従関係を理解した良い成犬へと成長してくれるようになります。

 

 

 

子犬の社会化・交流できる場を探そう!

 

ドッグラン情報サイトの「犬プレ」

 

 

たまには、リード無しで思いっきり元気いっぱい走り回ることのできるドッグランへ!全国の犬と遊べる公園・ドッグラン情報が索引できるサイト"犬プレ!"

 

 

 

 

 

かわいいデザインの人気小型犬用リード!

 

犬のリード

 

 

 

リードはどんなポイントを考えて選ぶべき?丈夫?伸縮性?持ちやすさ?やっぱり見た目も大事!などなど飼い主さんの気になるリード選びのポイントと人気ブランドのおしゃれでかわいいリードをご紹介!

 

 

 

 

 

 

 

しつけにも扱いやすいハーフチョーク!

 

しつけに使える安くて丈夫なハーフチョーク

 

 

 

最近テレビなどでも取り上げられるようになって話題のハーフチョーク(首輪)!着脱が手軽でカンタン!頭部からくぐらせるだけ!元気盛りの子犬にも楽々付けられてしつけができる♪

 

 

 

 

 

 

 

 

音に反応する子犬のチワワ
犬を飼う上でのお悩みで一番多いものは、「無駄吠え」です。屋外から聞こえてくる他の犬の声に反応し吠えてしまう場合、子供の甲高い声に反応する場合... 続きを読む≫
他の犬と喧嘩をする子犬
子犬のはじめてのお散歩デビューでは、初見の他の犬や人間に対し、敵意を感じてしまったり、警戒するあまり吠えてしまったりと、不慣れな出来事が多々... 続きを読む≫
リーダーウォークをして歩く犬
リーダーウォークができていないとこんなにも危険!?路上で起こりうるトラブルや事故。リーダーウォークができる成犬になるために子犬のときからしつ... 続きを読む≫
「待て」をして飼い主を見つめる子犬
「お座り」「待て」は単なるパフォーマンスではなく、きちんと散歩の最中にも役立ちます。どんなときに「お座り」「待て」は役に立つ?しつけの方法は... 続きを読む≫
緑のきれいな歩道を子犬と散歩している風景
子犬をはじめての散歩に連れ出す際、目安の時間や距離はどれぐらいが理想的なのでしょうか?また、坂道の散歩や砂利道など舗装状況の悪い道路は子犬の... 続きを読む≫
道端のものを拾い食いする犬
子犬を散歩に連れ出す際、無駄吠えや噛みつき、路上への飛び出しなど、さまざまなトラブルを想定しなければなりませんが、最も注意しなければならない... 続きを読む≫
植物を見つめる子犬
愛犬との散歩のルートにしている公園や道端は大丈夫?実は危険がいっぱい!子犬が誤飲すると危険な植物!庭先や家庭菜園にも意外な危険植物が…!? 続きを読む≫
他の犬とケンカする成長期の子犬
子犬の散歩から大人のワンちゃんの散歩へ。本格的な散歩をはじめるタイミングはどんなときから?犬の社会化と2つのターンについて。 続きを読む≫
周囲の様子を見ながら散歩する子犬
子犬を散歩デビューさせる際、最低限見に付けさせておきたい一般道のお散歩マナーや、気をつけたい安全上のこと。しつけの重要性などについて考察して... 続きを読む≫
散歩に行きたそうにこっちを見つめる子犬
子犬が散歩にいきたいとアピールすることはなぜ良くない?子犬に散歩が飼い主さんのタイミングだということをしつける方法は? 続きを読む≫
外でウンチする子犬
犬は犬種にもよりますが、基本的に外で排泄(うんち)をしたがります。中には、室内では、ガマンをして外に出たタイミングでうんちをするワンちゃんも... 続きを読む≫